Page Top

NEWS
CONTACT
NEWS
2019.03.22news

The Tokyo INJ St. Patrick’s Day Parade is the biggest Irish celebration in Asia and has been on the go since 1992. This year over 50,000 people lined the illustrious Omotesando avenue in downtown Tokyo to witness another spectacle of Irish culture & pomp. Here’s just some of the media coverage that followed the event. We’re already planning for next year so if you or your company want to be involved please do contact the INJ to explore possibilities!

Irish Eyes Are Smiling in Japan– Japan Today, March 2019
Making Tokyo Greener– Japan Times- Mar. 18th, 2019
130,000 Attend Irish Parade in Tokyo– Irish Central- Mar. 18th 2019

2019.03.21news

今年も、セントパトリックデーのパレードが、とてもよいものとなったのは、多くのスポンサー、ボランティアの方々、皆様のおかげです。東京アイリッシュネットワークジャパンの代表として、心を込めて、感謝を申し上げます。
皆さんの力添えがなければ、このような素晴らしいイベントにはならなかったと思います。全ての方々が、心を込めて、一生懸命活躍頂いたと思います。来年も、皆様にお会い出来るのを、とても楽しみにしております!本当にありがとうございました。Emmett Bowen- INJ Chairperson

 カテゴリ:お知らせ タグ: 
2017.05.09news

ブルームスデイ100周年記念パブ・クロール in 東京 に参加したJeanさんの感想です。

ブルームスデイ100周年記念パブ・クロール in 東京 に参加したJeanさんの感想です。

パブ・クロールに参加しました

[ by Jean 2004年6月 ]

 

「パブ・クロール」って、なぁ~に?そんな疑問を持ちながら参加した「パブ・クロール」でした。



日本で言われている「はしご酒」??
アイルランドでは、当たり前の様に行われているそうですよ!例えば、ギネスビール1パイントを制限時間内に飲んでパブをはしごする。とにかく、ルールを決めて楽しくギネスを飲むそうです。アイリッシュって陽気で、遊びの天才!!!スゲ~!

パブを巡るなら何故、”クロール”じゃなく、”クルーズ”じゃないのかな~?飲みすぎて最後は這って(クロール)いるからだそうです。こんなところからも、アイリッシュがお酒好きだということがわかりますね!

そして私は案の定、クロールをしました。
でも何故か、2日酔いではありませんでしたよ!楽しい会話。新しい出会い。楽しい時間を過ごすことが出来たからだと思います。

笑顔が絶えない「パプ・クロール」って最高~!!!また参加したいで~す。今度はどんなルールが待っているのか楽しみにしています。

 

INJ Link 日本のアイリッシュパブの利用法
INJ Link リンク – アイリッシュパブ in Japan

 カテゴリ:お知らせ 
2017.05.08news

Nothing is better than a cup of hot Irish Coffee after a cold winter day. But do you know the history of the nice drink? Senan told us a interesting story and a recipe of the famous drink.

Nothing is better than a cup of hot Irish Coffee after a cold winter day. But do you know the history of the nice drink? Senan told us a interesting story and a recipe of the famous drink.

Irish Coffee – The Recipe and Its History

 

History
Of the numerous Irish exports that have been welcomed throughout the world, none are more unique and heart warming than the traditional Irish coffee.The origins of Irish coffee owes itself, as many Irish drinks do, to the cold yet 'refreshing' Irish weather. In the 1930s and 1940s, Foynes – a port town in the south-west of Ireland, was a major transfer point between the United States and Europe for passenger flying boats that made an often bumpy and chilly eighteen hour journey across the vast Atlantic Ocean. On one occasion in 1942, realising that passengers were often cold and exhausted after the long flight and the short boat trip from the seaplane to the Foynes terminal restaurant, the caterers, managed by Brendan O'Regan, and the chef, Joe Sheridan, developed a drink with an Irish touch that was sure to warm their hearts and spirits. One story has it that one of the passengers asked, 'Is this Brazilian coffee?", to which Joe Sheridan replied, 'No, that's Irish coffee'. And so, Irish coffee was born, and its unique taste allowed its appeal to spread around the world, especially in the United States.

In 1952, Chef Joe Sheridan visited the Buena Vista Cafe in San Francisco and introduced the first Irish coffees to the United States. The Buena Vista Cafe is now world famous for its Irish Coffees and sells more Irish coffees every day than anywhere else in the world. As a tribute to Joe Sheridan , a plaque honouring his achievement can be seen outside the Joe Sheridan Cafe Bar in Shannon International Airport – now the new gateway to the south-west of Ireland. Every summer, the people of Foynes celebrate the Irish Coffee Festival with parades, a carnival, traditional Irish music and the World Irish Coffee Championship. In this friendly yet competitive contest; waiters, waitresses and bartenders from all four corners of the world vie for the title of World Irish Coffee Making Champion. For lovers of Irish Coffee wherever you may be, we hope that it puts a smile on your face and some warmth in your heart. Slainte – the Irish word for 'Cheers'.

 
Recipe:

Ingredients

 
  • Coffee
  • Brown sugar :
    2 teaspoons
  • Whipped cream
  • Irish whiskey :
    2 or 3 full big spoons

The following recipe is based largely on the recipe of my dear mother, Anna, who has often greeted international friends to our home in Ireland with an Irish coffee. Not surprisingly, they have always returned.

  1. Start by using a suitable glass, preferably a coffee glass that can contain hot liquids. Rinse the glass with boiling water so that it is warm and will not crack when you prepare the hot coffee.
  2. Put a full teaspoon of coffee into the glass. The amount of coffee that you decide to put in depends on the drinker and is case by case – if they like strong coffee or weak coffee. One teaspoon of coffee is usually fine.
  3. Put two full teaspoons of sugar into the glass. Brown sugar is best for colour and richness but white sugar is also ok.
  4. Put two or three full tablespoons of Irish whiskey (Jameson, Paddy, Powers Gold Label, Bushmills, etc.) into the glass. Two or three tablespoons of whiskey are usually fine.
  5. Fill 75% of the glass with boiling water. Remember to constantly stir as you pour the boiling water.
  6. Gently pour fresh whipped cream on top of the coffee. Use a spoon to float the cream on top of the coffee. The fresher the cream, the better. Do not stir the cream into the coffee. The unique taste of Irish coffee is best sampled by sipping warm Irish whiskey, and coffee through a soothing cool layer of freshly whipped cream.
  7. Allow a minute or two for the glass to cool down. Then neatly place a paper napkin around the glass so that the drinker can comfortably enjoy an Irish coffee without burning his or her hands.
  8. Enjoy and delight in the taste of your own Irish coffee.

By Senan Fox.
[Feb. 2005]

FOYNES IRISH COFFEE CENTRE: www.flyingboatmuseum.com/irish-coffee-center/
The Buena Vista Cafe: www.thebuenavista.com
Shannon International Airport: www.shannonairport.com

INJ Link INJ-サンフランシスコで飲むアイリッシュコーヒー

 カテゴリ:お知らせ 
2017.05.08news

ラグビーアイルランド代表と日本代表との対戦や、アイルランドチーム躍進の秘密について海老島さんから貴重なお話をいただきました。

ラグビーアイルランド代表と日本代表との対戦や、アイルランドチーム躍進の秘密について海老島さんから貴重なお話をいただきました。 (2005年)

世界ランキング7位アイルランド来る!

 

1985年以来のラグビー、アイルランド代表チームの来日である。前回日本代表との試合(秩父宮)では、前半を同点で折り返しアイルランド・チームにとって楽な試合ではなかった。試合は非常に蒸し暑い日に行われ、年間を通して滅多に25度以上気温が上がることのないアイルランド選手にとって、暑さは一番の敵であると思われる。その後、日本とアイルランドはワールドカップで2度対戦し、それぞれ点数的にはダブルスコアに近い点差であったが、内容的には互角の部分もあり、アイルランドでは日本ラグビーの評価が高かった。

そして2000年秋には日本代表チームがアイルランドに遠征した。ベルファストで25歳以下の代表、ダブリンでフル代表と試合をし、当時アイルランドに住んでいた私は両方の試合とも観戦する機会に恵まれた。結果は日本代表の惨敗に終わる結果であった。

ベルファストで行われた25歳以下の代表との試合を見たときに印象に残る出来事があった。日本チームは非常にプロフェッショナルに見えた。コーチ監督が小型マイクを装着し、ピッチの状況を綿密に観察し、選手のウォーミングアップもとても組織だっていた。何か最先端のスポーツ産業によって作り出された「製品」を見ているような気分であった。一方、若手中心のアイルランド選手は、そこらの若者のなんら変わる様子はなく、何人かの選手はパンをかじりながら試合直前にグラウンドに現れ、ウォーミングアップというより、単にボールを使ってふざけあったりしていた。どこかの学生チームを思わせる雰囲気であった。

しかし、試合が始まると立場は一転していた。アイルランドは控えの選手と監督コーチが一丸となってチームを応援し盛り上がっているのに対して、日本チームは監督コーチが無線で連絡を取り合っているものの、控え選手もばらばらで観戦しチームとしてのまとまりがあまり感じられなかった。「ハイテク」と「ローテク」の戦いのように見られた試合前の構図であったが、始まってみると「熱さ」を全面に押し出した「ローテク」アイルランドチームの一方的な展開であった。

アイルランドのスポーツを語るとき、この「熱さ」がキーワードになってくる。私がアイルランドでラグビークラブに入っていたとき(1992年から1993年)に、日本でもお目にかからないような「根性練習」にたくさん遭遇した。ラグビー関係者がとても純朴にラグビーを愛しているのがひしひしと伝わってきた。当時はこの熱さがあってもアイルランドラグビーにとってなかなか勝てないどん底の時代であった。その後プロ化の波に乗ることに成功し、アイルランドのラグビーは見違えるように強くなった。アイルランド経済が上向いたことにもシンクロしていて、お金が入ってくるだけラグビーの競技環境が良くなっている(実際ラグビー協会は企業のサポートにかなり依存している)と主張する向きもあった。

今回のアイルランドチームは手強い。ライオンズの遠征で主力11人が抜けているものの、ここ数年常に6カ国対抗で優勝争いをしている事実からも分かるとおり、選手層は非常に厚い。世代交代の時期に来ているため若手選手のモチベーションも高いと想像できる。日本チームがこの「熱き」アイルランドチームを打ち負かすには、梅雨を迎えようとしている季節の「蒸し暑さ」の力を借りなくてはならないのか? いずれにしろ両チームの持ち味の出たすばらしいゲームを期待する。

[ 2005年6月  びわこ成蹊スポーツ大学  海老島 均 ]

Irish Rugby.ie http://www.irishrugby.ie
日本ラグビーフットボール協会 http://www.rugby-japan.jp

INJ Link ラグビー・アイルランド代表の歌

 カテゴリ:お知らせ